氏名  内西 真樹

くうちゃん
くうちゃん

職業  税理士 近畿税理士会 和歌山支部 所属

血液型 O型(マイペースです)

星座  おとめ座

家族  主人 子供三人 ウサギ一匹(できれば大型インコも飼いたい)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0069-1-768x1024.jpg

こんにちは。当事務所ホームページにご訪問いただきありがとうございます。税理士の 内西真樹 と申します。

令和2年4月に、和歌山市のふじと台にある自宅にて開業しました。

これまで、三人の子育てをしながら、和歌山市内の会計事務所で9年勤務させていただいておりましたが、子供たちが、思春期に入り色々難しい年頃になり、このままずっと、日々仕事と家事に追われ子供たちに向き合わなくてもいいのか、と悩んだ末、子供たちの様子を見ながら仕事ができる、自宅開業、ひとり税理士を選びました。

経歴

1973年 和歌山市生まれ

 大学に進学するまで、ずっと和歌山育ちでした。浜の宮小学校、明和中学、桐蔭高校、と、
どっぷり和歌山で過ごしました。

 大学進学

1993年 名古屋市立大学 経済学部 経済学科 入学

 和歌山脱出を夢見て、一浪して県外の大学に進学。貧乏学生で奨学金を受けながら、アルバイトをして生活費を稼ぎながら過ごす学生時代でした。大学の合唱部に入り歌うことが、大好きになりました。

 税理士への目覚め

大学時代、ろくに勉強せず、将来の夢もなくあたふたとアルバイトをして過ごす毎日でしたが、名古屋で当時アルバイトをしていた弁当屋の社長に、「勉強好きなんだったらさ、税理士になったらどうだ?うちの会計してくれてるおばちゃん、税理士らしいけど、気楽そうで良さそうだで」

 ”気楽なおばちゃん”に魅力を感じ、心は一気に税理士へ。とりあえず、アルバイトの合間に勉強をして、日商簿記二級を受け合格し、続けて一級を勉強するが、原価計算で挫折。独学は無理だと諦めました。

 税理士受験の2年間

1997年 大学卒業  卒業後、名古屋の会計事務所で働きながら、専門学校で簿記と財表の勉強をはじめるが、働きながら勉強することの大変さを知り、これでは合格は絶対無理だと思い、2ヶ月で働きながら勉強することを諦める。和歌山の実家に帰り、学生時代に貯めた貯金をはたいて専門学校の税理士コースを申し込み、2年間税理士の勉強に専念しました。このとき、反対せずに、静かに見守ってくれた両親には今でも感謝しています。

1998年 簿記論 財務諸表論 所得税法 を受けて 簿記論 財務諸表論 合格

1999年 所得税法 相続税法 を受けて 両方合格                    

2000年 消費税法 を受けて 官報合格 税理士有資格者へ 

 1999年の試験後、お金が尽き、会計事務所でアルバイトをはじめました。小さな会計事務所だったので実務を経験するにはもう少し規模の大きいところの方がいいのではと、試験の直前にそこのアルバイトをやめて、最終科目の消費税を受験し、2000年10月に正社員でまた別の会計事務所に就職しました。ここで、消費税を取り残していたら長い受験生活が待っていたのでしょうが、なんとか合格しほっとしました。

 試験に合格し働いてみるが・・・

 合格はしたものの、実務経験ほぼゼロ状態からのスタートだったので、お客様との会話が苦手でした。今思うと、勉強しかしていなかったので、事業主が今何をしてほしいのかとか、求めているのは、なんなのかと言うことが、会話からつかむことが難しかったんだと思います。必要のない数字の説明ばかりしていたように思います。働き始めて2年が過ぎる頃、がんを患っていた母が他界し、ショックのあまりすっかり元気をなくしてしまいました。仕事は危うくできていたものの、心配した友人が ”男でもできれば” とたくさんコンパに連れて行ってくれました。そのコンパで、今の主人と出会い、2003年に結婚し退職しました。

 専業主婦で3人の子育て

2003年に長女が生まれた後、母の後を追うようにその翌年父も他界しましたが、その後次女、長男と三人うまれ、慌ただしく忙しいけれど充実した毎日を送っていました。3人の子供が、小学3年生、小学1年生、一番下が4歳になる頃、そろそろ働こうかな。と思いはじめていました。そんなとき前に働いていた事務所の先生から、「うちで働かないか?」と連絡がありました。三人の子供を抱えて、会計事務所は無理だろうと、断ろうとしましたが、主人や知り合いの人に、「もったいないからとりあえず働いてみたら?」と言われ、とりあえずできるところまでやってみようと働くことになりました。2011年の春でした。

 仕事と子育ての両立

それから9年、子供の入院やら、けがやら、熱やら、授業参観、夏休み、冬休み、台風で休校、インフルエンザで休校、一体どれだけ家庭の事情で休ませてもらったか、なぜクビにならなかったのか不思議でしたが、2017年8月めでたく税理士登録。これから子供が手がかからなくなってきて、正社員として働こうかと思っていました。ですが、子育てと仕事との両立を目指して、頑張って働いてきた無理がたたったのか、体調を壊してしまいました。退職して、せめて自分の時間を毎日とれるようなゆとりのある生活をしようと思いました。2020年の3月末で退職し、4月に自宅で開業しました。

趣味  

 ひとりカラオケ

大学時代に合唱をやっていたので、独身の頃は、和歌山市民合唱団に入り、週に2回、歌いに行っていたのですが、結婚すると、忙しくそんな時間はありませんでした。そこで、結婚後、働き始めた頃に、ストレス発散に一人カラオケにいってみました。それからどっぷりはまってしまいました。月に2回は3時間ほど歌い狂い、声をからして帰宅し、子供に不審がられることがあります。一人カラオケの魅力は、好きな歌を周りを気にせず何回も歌えることでしょうか(誰かがいたら気を遣ってできないことも)なかなか三時間ノンストップで歌うのは体力がいります。夢はNHKの「のど自慢」に出ることです。

  読書

仕事柄、税務関係を読みますが、随筆が好きです。曾野綾子さんなど、若い頃から憧れてよく読んでいます。中学生の頃は、赤川次郎にはまりました。三毛猫ホームズを授業中こっそり呼んだりしました。松本清張も読みます。推理小説が好きで、ドラマでも 科捜研の女 相棒 ガリレオ、アニメでも 名探偵コナン… 犯人を推察するのが好きなようです。やっぱりこいつか!!という推理が当たったときの快感がやめられません。  

好きなこと もの

眠ること(火事になっても起きないといわれるくらいよく寝ます)
妄想(お客様のレシートを並べて、物語を作ったりします。)
試着(買うこともありますが、買う気もないのにとりあえず着てみることも・・・)
癒やし系のぬいぐるみ
人が食べているのを眺めること。(もりもり食べているのを見ると元気が出ます。)

苦手なこと もの

脱税(明らかに節税になってないもの)
手を抜くこと(適当にやることができません)
完璧であること(完璧を目指しますが、どこか抜けています)
車の運転
大勢でのランチ、飲み会(会話に入れません)