新年明けましておめでとうございます!!

あけました!!

和歌山市の女性税理士、内西です。

本年もよろしくお願いいたします。

新年2024年です。

うさぎ年が終わって
残念そうなくぅ

とうとう卯年が終わってしまい、ウサギ好きには少々残念な気はしますが、

仕方がありません。

今年は辰年ですね!!

 当事務所メニュー一覧

プロフィール
メールでの税務相談(有料)
小規模事業者限定・オンライン(対面可)での記帳指導
小規模事業者限定・インボイス制度についてのご相談
税務顧問・個人

税務顧問・法人


小さい頃、干支に辰年があったので、辰(竜)が、実際生きている動物だと思っていました。

蛇みたいなのに鱗があって手があるのか〜

どうして髭が逆立ってるんだろう・・・

怖そうだなあ・・

と、動物園に行ってもあまり見に行きたくないと思っていました。

空想の生き物だと気づいたのは小学校に入ってから。

十二支の中で実在しないのは辰だけです。

きっと、私のように実在すると思っていた人はいるはずです!

さて、

辰は古代中国の神話に現れる神獣で、中国では皇帝のシンボル。

辰年なので、辰について少し勉強しようと「龍(竜)」の入った諺や慣用句、四字熟語などを調べてみました。

結構あります。

知らないものも沢山ありました。

有名なものだけあげてみます。(意味は広辞苑より)

・登竜門・・・そこを通り抜ければ立身出世ができる関門。

・画竜点睛・・・物事を立派に完成させるための最後の仕上げ。またわずかなことで全体がひきたつたとえ。

・虎口を逃れて竜穴に入る・・・一つの難を逃れてさらに他の難儀に逢うことのたとえ。

・竜虎相搏つ・・・実力の伯仲した強豪同士が相対して戦う。

・竜頭蛇尾・・・最初のすばらしい勢いが最後は全くなくなること。出だしはすばらしいが終わりはつまらないこと。頭でっかち尻すぼみ。

まだまだあります。

竜は、

強いもの、一番重要なもの、恐ろしいもの、の象徴として使われているようですね。

また、竜の姿は「竜に九似あり」といわれ、

知りませんでしたが、9つの動物の特徴を取り込んでいるらしい。

角は鹿、

頭は駱駝(らくだ)、

目は鬼、

身体は蛇、

竜を描いてみた

腹は蜃(みずち)(想像上の動物)⇒巨大ハマグリという説もあるらしい 「蜃気楼」を作り出す空想上の生物

鱗は鯉、

爪は鷹、

掌は虎、

耳は牛、

にそれぞれ似ており、

その他、長い髭をたくわえ、

あごの下に1枚だけ逆さに生えた逆鱗(げきりん)があるという。

竜はこの逆鱗に触れられるのが大嫌いで、触れられると激高し、触れたものを即座に殺すとされています。

そういえば、

人を激怒させることを

「逆鱗に触れる」

といいます。

竜からきているとは知りませんでした。

このように竜は、あらゆる動物の祖であり、造物主たる神のような存在であったとされています。

竜が似ているのではなく、竜からあらゆる動物が作られてきたということなんですね。

うさぎとは全く違う竜。

うさぎは草食動物で、見ていて穏やかでかわいい、

また肉食動物に食べられることもあります。

うさぎは守りに徹するにたいし

竜は攻めのイメージ。

今年は攻めの年なのでしょうか?

守ろうが、攻めようが、元気に明るく過ごすことができればいいです。

今年も皆様にとって幸多き年でありますように。


 






メール相談承っております

メール相談


オンラインでの記帳指導をさせていただいております(会計ソフト導入のサポートもさせていただいております)

オンライン記帳指導



PVアクセスランキング にほんブログ村




ライン公式アカウントでもこの税金ブログを配信しています!!

👇👇

友だち追加



クリックして頂けるととても嬉しいです!!

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ